保育士直伝!イヤイヤ期で夜寝ない2歳児の子供への7つの対策ワザ

我が家の娘は2歳児になりましたが、最近イヤイヤ期に突入したかな…と思われる行動をよくしています。

その中の1つに【夜なかなか寝てくれない】ことがあります。

今日はそんな2歳児の娘のイヤイヤ期について、「具体的にどんな行動をするのか?」「保育士さんに教えてもらった対策ワザ」をお話ししたいと思います。

おかげさまで効果てきめん!夜早く寝てくれるようになりました(^^)

「2歳児の子供が夜なかなか寝てくれない(涙)」とお嘆きのパパさん・ママさんのご参考になれば嬉しいです。

2歳児の子供、イヤイヤ期で夜なかなか寝ない(涙)具体的にはこんなだ!

2歳児の子供、イヤイヤ期で夜なかなか寝ない(涙)具体的にはこんなだ!

うちの娘の場合の、なかなか寝てくれないというのは…

【1】もっと遊んで欲しいアピールがすごい!

今までは、

夜8時くらいにお風呂に入る
→積木やお絵描きとかで遊ぶ
→夜10時前くらいになったら絵本を3冊ほど読んであげる
→電気を消して抱っこで寝かせる

というパターンでいつもすんなり寝てくれていましたが…

最近は遊び足りないのか、電気を消しても他のおもちゃを探しに行って、もっと遊んでアピールをしてきます。

【2】おもちゃを片づけると怒る!

「もう寝るから終わりだよ!」と言っておもちゃを片づけようとすると、怒って大泣きします。

他の絵本とかに気をそらそうと思っても無理で、自分で遊びたいもので遊びたいという感じ。

【3】親が身体を起こしていないと怒る!

娘がなかなか寝ないので、「じゃあ、お父さんお母さんはもう寝るね。」と言って身体を横にすると…、こちらを指差して怒って大泣きします。

自分は遊びたいのに親が寝る体制になっているのが気に入らないみたいです。

【4】抱っこを嫌がる。

そろそろ寝るかな~と思って抱っこをすると、全力で抵抗されます。寝たい気分ではないのに抱っこで寝かされる…というのがイヤみたいです。

目をこすったり欠伸をしているので、眠いのは確実だと思うのですが…。

だいたいこんな感じでしょうか。ですので最近は、娘が満足するまで一緒に遊んであげてます。

満足すると眠さの限界になるのか、向こうから抱っこを求めてくるので、そこでやっと抱っこで寝かせる…というパターンが続いています。

娘はホント可愛いし遊ぶのは良いのですが、1時間~1時間半くらいは遊んでアピールが続くので…

・娘の寝る時間が遅くなってしまう。
・僕と妻の体力的にしんどい…。

というのが悩みどころです。

保育士さんに教えてもらった「夜寝ない2歳児の子供への7つの対策ワザ」

保育士に教えてもらった「夜寝てくれない対策7箇条」

そんな状態である事を保育園の先生に相談してみると、次の7つのアドバイスをいただきました。

【其の一】早めにテレビを消しておくべし。“早め”が肝心!

親としてはいろいろと見たいテレビがあるかもしれませんが…
(個人的には夜10時台のドラマが気になります)

子供はテレビの音に敏感で気になってしまいますし、テレビの光が目から入ると脳神経を刺激するので眠りを妨げてしまうとのことです。

脳神経を刺激するという点で、寝る直前ではなくて“早め”にテレビを消すことが肝心です。

【其の二】寝る前に何か飲むなら温かいものにすべし。

冷たいものを飲むと、身体が体温を高めようとするのでよくないようです。

ですので、もし寝る前に何かを飲ませるなら、温かいものがオススメです。

【其の三】絵本を読んであげるべし。

子供の寝かしつけで絵本を読むってよく聞きますよね。

寝かしつけで絵本を読む効果は、声を聞くことで落ち着いた気持ちにさせる事らしいです。ですので、繰り返しがたくさんあるような絵本がオススメとのこと。(ただ、うちの場合は子供が最後まで聞いてくれないんです。)

【其の四】電気を暗くするべし。

電気を暗くして「もう寝る時間だよ~」という環境を作ってあげましょう。

【その後】子守唄を歌ってあげるべし。

単調で聞き心地の良い子守唄は、眠りを誘う効果があります。

うちの嫁さんは抱っこをしながら「ゆりかごのうた」を歌っています。最終的にこれで寝ることが多いので、効果は実感しています。

ゆりかごのうたはこんなの↓

【其の六】寝る前の流れをルーティン化するべし。

上記の事を『寝る前の流れ』としてルーティン化することで、それが習慣になります。

【温かいさ湯を飲んで→テレビを消して→絵本を読んで→電気を消して→抱っこして子守唄】という感じでしょうか。習慣づけることで、自然とこの流れで寝てくれるようになるとのこと。

※しかし、うちの娘はこれでもなかなか寝てくれない!!!

【其の七】単純明快な対策!無理やりにでも早く起こすべし。

これは僕の中では「なるほど!!!」と叫んでしまうほど衝撃的な気付きだったのですが…

そもそも論として『朝遅くまで寝てるから、夜寝るのも遅くなる。朝早く起きれば、夜寝るのも早くなる。』と教えていただきました。

当たり前と言っちゃ当たり前です(笑)

しかし我が家では、保育園に間に合うギリギリの時間(朝8時半くらい)まで寝かせていたんです…。

なので、「朝7時に起こしてあげて下さい。そうすればトータルの睡眠時間が短くなって、夜も早く就寝できるかもしれません。」とアドバイスしてもらいました。

さっそくこれを実行したところ、かなり手ごたえは感じています(^^)

イヤイヤ期で夜寝ない2歳児の子供の対策まとめ

ということで、保育士さんに教わった「イヤイヤ期で夜寝ない2歳児の子供の対策」をお話しさせていただきました。

ざっとまとめると…

【温かいさ湯を飲んで→テレビを消して→絵本を読んで→電気を消して→抱っこして子守唄】のように、寝る前の行動をルーティン化すること。そして、朝は早めに起こして、昼寝の時間も短めにする。

これでけっこう改善されるかと思いますので、良かったら実践してみて下さい。

保育士直伝!イヤイヤ期で夜寝ない2歳児の子供への7つの対策ワザ
最新情報をチェックしよう!
>高品質で格安のHP作成!50,000円プラン

高品質で格安のHP作成!50,000円プラン

あなたとビジネスの魅力を、シンプルかつ最大限に伝えるホームページを格安料金で作りませんか?業界最安値レベルの50,000円で高品質のホームページをお作りします。弊社オウンドメディアとの連動サービスも人気です!SEOとアクセスアップの効果が期待できるでしょう。

CTR IMG