最大50万円ゲット!補助金でお得にホームページ作成プラン

最大50万円ゲット!補助金でお得にホームページ作成プラン

何をするにも“検索”するのが当り前な近年において、ホームページがないことはビジネスに大きな悪影響をもたらします。

・顧客イメージが悪い。
・優秀な人材が確保できない。
・取引先を広げられない。

などなど、ホームページがないことでビジネスチャンスが減るだけでなく、会社の信用も問われることに・・・。

さらに新型コロナウィルスの影響により、WEBを活用した販路拡大に取り組まなければ生き残れない時代になってきました。

そのため、

「集客のためにホームページを制作したい!」

「今までのホームページはいまいちだからリニューアルしたい!」

そんな想いをお持ちの経営者さんとても多いです。

しかし、経営者さんの頭を悩ませるのがコスト。
ホームページにお金をかける余裕なんてない!とお考えの方も多いでしょう。

そんな経営者さんに朗報があります。

最大50万円の補助金がもらえる小規模事業者持続化補助金という制度をご存知ですか?

最大50万円補助!小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者の販路拡大等を支援し、事業を維持継続させるための補助金です。

事業継続のためには新規顧客を獲得することが重要になりますので、集客に関する出費(ホームページ制作、チラシ作成、パンフレット作成等)であれば幅広く認められる傾向にあります。

制作費用の3分の2(最大50万円)を国家予算から支給してくれます。

例えば・・・

・制作費用が75万円の場合、3分の2の50万円の補助(自己負担25万円)。
・60万円の場合、3分の2の40万円の補助(自己負担20万円)。
・90万円の場合、上限50万円なので50万円の補助(自己負担40万円)。

となります。この補助金を使うことで、お得に高品質のホームページを作成することができるでしょう。

補助金を活用して理想的なホームページを!

補助金を活用することで、あなたの希望を一番お得に叶えることができます。

・ディレクション・企画
・トップページ作成
・下層ページ作成
・ブログシステムの導入
・ロゴ作成
・Googleツール(AnalyticsやSearch Console)の設定
・検索サイト上位表示対策(SEO)の施策
・PC・スマホ・タブレット対応のレスポンシブデザイン
・国内最高水準の高速表示
・TwitterやFacebookなどSNSとの連動

など、基本的なことの他にも、ネット予約システムの導入やネットショップの導入などもお手伝いできます。売上をアップさせるための導線作り等、ホームページ制作に関するWEBコンサルティングも行えます。

つまり、ただホームページを形にするだけではなく、あなたの望む結果の出せるホームページに作り上げることができるのです。

これを、例えば実質25万円のみ(75万円プランで50万円補助)のような3分の1の料金で獲得できるのは、正直破格だと言えるでしょう。(金額については応相談となります)

ただ、この小規模事業者持続化補助金は誰でも申し込みできるワケではなく、次のような条件をクリアする必要があります。

小規模事業者持続化補助金はどんな人が申し込みできる?

1.従業員数が少ないこと

小規模事業者持続化補助金はその名前の通り「小規模の事業者」を支援する補助金です。そのため、次のような従業員数の制限があります。

小売・卸売・サービス業の場合
従業員が5名以下(社員・アルバイト含む)

その他の業種(製造業含む)
従業員が20名以下(社員・アルバイト含む)

※一部補助対象にはならない業種がございます。

自分がどの種別(5名以下or20名以下)かわからない場合は、商工会議所か商工会に事前に相談すると良いでしょう。

2.補助金を申し込み時には創業していること

法人として会社を設立している必要があり、これから創業予定という方は申し込むことができません。補助金申請時の提出書類として、登記簿(履歴事項全部証明書)を求められます。

個人事業主の方でも税務署に開業届を提出していれば、補助金の対象となるのでご安心下さい。個人事業主の方が資金繰りの厳しいケースが多いですから、個人事業主の人にこそ、この制度を知ってもらって有効活用していただけたらと思っています。

3.商工会議所か商工会にて手続きできること

補助金申し込みにあたっては、最寄りの商工会議所または商工会の相談員と一緒に経営計画を作成し、申請書類に印鑑をいただく必要があります。

商工会議所や商工会の会員である必要はありません。会員でなくともしっかり対応してくれるのでご安心を。

申請書自体は事業者さんが用意するよう決められているため代理作成はできませんが、何を書けばいいのか等アドバイスが可能ですので、しっかりサポート致します。内容をまとめた上で商工会議所に出向くと、経営計画の作成もスムーズに進むでしょう。

小規模事業者持続化補助金の申し込みはいつまで?

2020年においては数回に分けて募集期間が設けられています。

第1回受付締切:2020年3月31日(火) 終了
第2回受付締切:2020年6月5日(金)
第3回受付締切:2020年10月2日(金)
第4回受付締切:2021年2月5日(金)

※第5回受付締切以降(2021年度以降)については今後改めてご案内します。

今回は2020年6月5日(金)までに申し込みする必要があります。申し込み方法は郵送のみ(当日消印有効)です。

補助金を使ったホームページ制作の流れ

ステップ1 ご相談

まずはお気軽に下記お問い合わせフォームよりご相談くださいませ。

ステップ2 ヒアリング&補助金申請サポート

実際に面談を行い、補助金サポートおよびホームページ制作についてのヒアリングを行います。現在の経営状況やどんな目的で補助金を使用したいかなどを聞き取り、当方にて補助金申請のサポート資料を作成します。

新型コロナウイルスの感染拡大予防のためZOOMでの面談をオススメしておりますが、直接対面での面談も可能です。

ステップ3 商工会議所と正式申請書の作成

お客様にて、ステップ2で作成したサポート資料を持って、商工会議所か商工会連合会に出向いていただきます。

担当者と打合せしアドバイスや指導をいただき、資料の修正を行います(申請内容が大幅に変わることもあります)。そして事業支援計画書の発行を受けてください。

ステップ4 補助金事務局に必要書類の提出

補助金事務局に必要書類を提出します。

第1回受付締切:2020年3月31日(火) 終了
第2回受付締切:2020年6月5日(金)[締切日当日消印有効]
第3回受付締切:2020年10月2日(金)[締切日当日消印有効]
第4回受付締切:2021年2月5日(金)[締切日当日消印有効]

商工会議所や商工会に提出するのではなく、補助金事務局であることに注意しましょう。商工会議所や商工会はあくまで相談やアドバイスをもらう窓口であって、書類提出の窓口ではありません。

ステップ5 採択&ホームページ制作開始

無事に採択されましたら、本格的にホームページ制作に取り掛かります。採択の結果が出るまでは約1ヶ月~1ヶ月半くらいが目安になります。

まずはお申し込み書をかわし、先に当方への入金が必要となります。制作中は随時、進捗状況をお伝えします。

ステップ6 事務局に報告書を提出

ホームページ制作完了後、事務局に実績報告書を提出します。計画した事業と実際におこなった事業が一致するかをチェックするためです。見積書や契約書、領収書や請求書など各種書類が必要となりますので、こちらで用意できるものはすべて用意いたします。

ステップ7 補助金確定通知&入金

提出した実績報告書に問題がなく申請が受理されれば、約1~2ヶ月後にお客様口座に補助金50万円の入金があります。

お問い合わせは下記フォームから

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号必須
郵便番号
都道府県
市区町村以降の住所
その他、お問い合わせ

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

>高品質で格安のHP作成!50,000円プラン

高品質で格安のHP作成!50,000円プラン

あなたとビジネスの魅力を、シンプルかつ最大限に伝えるホームページを格安料金で作りませんか?業界最安値レベルの50,000円で高品質のホームページをお作りします。弊社オウンドメディアとの連動サービスも人気です!SEOとアクセスアップの効果が期待できるでしょう。

CTR IMG